店舗案内

誠心堂薬局 南行徳本店

  • 漢方
  • 処方箋
  • エステ
  • P

東洋と西洋の両視点から

不調解決の最適な方法が見つかる漢方薬局

TEL
047-398-9393
住所

〒272-0138 千葉県市川市南行徳3-1-2

最寄り駅

東京メトロ 東西線 南行徳駅

アクセス

東京メトロ 東西線 南行徳駅より徒歩2分。

お車でお越しの方へ:店舗裏手、高架下にあるサイカパーキングに駐車スペースがございます(2台分)。こちらが空いていない場合には、申し訳ございませんが他の駐車スペース(有料)をご利用下さい。

営業時間

10:00~19:00

休業日

年中無休

  • twitter
  • LINE

お客様の声 「漢方で体を整え 万全の状態で第2子出産!」

お客様の声 「漢方で体を整え 万全の状態で第2子出産!」

K・Tさん(42歳/南行徳在住)

―誠心堂を訪れたきっかけは?
 昨年8月に体外受精で第2子を妊娠しました。夫と話し合い、万全の状態で出産を迎えようと、1人目の妊娠・出産の時にお世話になった誠心堂を訪ねました。
 実は、初めての出産後も時々お店に寄って先生がたに子どもの顔を見ていただき、おしゃべりしていたんです。前の担当の先生は異動してしまいましたが、しっかりと引き継ぎをしてくださっていたので、安心して通えました。

―漢方を飲んでいかがでしたか?
 夏でも足が冷たいくらいの冷え性なのですが、漢方を飲み始めると体が温かくなるのを感じました。また、妊娠がわかってからは経過観察しながら安定して妊娠を継続できるような漢方を服用していました。飲みづらさもなく続けられたので、私にはとても合っていたと思います。
 何よりも、1人目のときと同じように、漢方を飲むことで体が整っているという安心感を得られたことがよかったです。おかげで今年4月に無事、元気な第2子を出産できました。

―今のお気持ちは?
 2人の子宝に恵まれたのは、先生やスタッフの皆さんのおかげです。妊娠に向けて体調を整えるアドバイスや、クリニックを紹介してもらったり、いつも親身になって話を聞いていただきました。近所なのでこれからもお店に寄って、子どもたちの成長を見ていただけたらと思います。

〈7月29日・誠心堂南行徳本店にて取材〉

 

 

このほかのお客様の声はこちら

 

 

お客様の声 「漢方を飲み続けて7年目  ついに待望の赤ちゃんが  あきらめないでよかった!」

お客様の声 「漢方を飲み続けて7年目  ついに待望の赤ちゃんが  あきらめないでよかった!」

Sさん(43歳/市川市在住)

―漢方を始めたきっかけは?
 不妊治療で最初に訪れた病院で、「チョコレート嚢胞がありAMHというホルモン数値も低いので、妊娠は非常に難しい」と言われました。西洋医学で難しいのならば、と、子どものころにアトピーが改善した経験のある漢方で体を変えようと思いました。

―漢方を始めてどうでしたか?
 飲み始めて半年くらいで、それまで眠れないほどだった体の冷えがなくなり、1シーズンに2~3回ひいていた風邪もひかなくなりました。
 その後転院した病院では、嚢胞は無くなっていて、妊娠への問題はないと言われました。漢方を飲みながら治療を続け、2度の妊娠反応が出ましたがいずれも流産し、なかなか結果にはつながりませんでした。
 そこで誠心堂の先生がすすめてくれた骨盤内の血流をよくするための鍼治療を開始。するとその後の妊娠では、無事に出産できました。妊娠中はぎりぎりまで漢方を飲んで体調を整え、トラブルもなく過ごせました。

―今のお気持ちは?
 煎じ薬を飲み続けるのがつらくなるときもありましたが、誠心堂の先生が「続けることが大切だから」と飲みやすいように工夫してくれたり、励まし続けてくれたおかげで頑張れました。7年もかかりましたが、自分が納得するまで続けようと思い、それが結果につながって本当によかったです。

〈7月31日・電話取材〉

 

 

 

店長からのメッセージ

忠地 珠里
 
薬剤師・国際中医専門員
東京薬科大学卒
 

忠地 珠里

 

薬剤師・国際中医専門員

東京薬科大学卒

 

毎日を心身ともに健康に元気に生きられる。

漢方、中医学だからできることがあります。

 

誠心堂薬局の本店であり地域に根差した薬局として地域にお住いの方々の健康管理に尽力しています。

最近では遠方の方々のご相談をオンラインで受けており、日本各地の様々な不調で悩まれている方のお悩み解決をサポートさせて頂いています。

 

中医学は最適な治療法が見つからない時、病名のつかない不調、原因不明の不調などにも有効なことが多いです。

病名からではなく、ご自身の自覚症状や不調の起こる背景から原因を探っていくという視点で診ていきます。

それこそが同じ病気、不調でも、人により提案させていただく漢方薬が異なる所以。

 

処方箋も取り扱っており西洋医学と中医学の東洋医学と両視点からのアプローチ。

病を診るだけでなく人を診る。

お客様と向き合い、一人一人に合った最適な方法をご提案させていただきます。

 

一人で抱える前に漢方薬局という門を叩いてみてください。

今のモヤモヤした気持ちが少しでも晴れる何かが見つかるかもしれません。

共に健康に向かって歩んでいきましょう!

 

 

お身体のご相談は私達にお任せ下さい

張 樹英>

張 樹英

中医学アドバイザー 

水、土曜日 担当

上海中医薬大学医学部卒

上海市第一人民医院勤務

東京大学薬学部研修科修了

 

 

鄭 冬梅>

鄭 冬梅

 中医学アドバイザー 

火、木曜日 担当

北京中医薬大学卒

中国海南医科大学付属病院勤務

順天堂大学大学院医学研究科 博士課程修了

 

 

王 頴新>

王 頴新

中医学アドバイザー 

第2・4日曜日 担当

天津中医学大学卒

 

 

松島 達也>

松島 達也

薬剤師、国際中医専門員

東邦大学薬学部卒

 

 

 

忠地 珠里>

忠地 珠里

薬剤師、国際中医専門員

東京薬科薬学部卒

 

 

お問い合わせはこちら