鍼灸のはなし

鍼灸のはなし

知っていますか?鍼灸のこと。

全身にはりめぐらされた通り道“経絡”と“ツボ”の関係

全身にはりめぐらされた通り道“経絡”と“ツボ”の関係

中医学では人間の身体には気血の流れる「経絡」という道があるとされています。私たちが普段よく耳にする「ツボ」は経絡上にあり、気血の出入り口に相当する外界と接している要所のことで、「経穴」ともいいます。電車で例えると、経絡は線路、ツボは駅のようなものと考えれば分かりやすいかもしれません。WHO(世界保健機構)では、私たちの身体には361箇所のツボがあると定義しています。ツボに的確な刺激を与えることで、体内の異常な部位や臓器に働きかけ、気になる症状を和らげていくことができるでしょう。
身体は気と血が十分な量でスムーズに巡っていることで正常に機能します。そのため、気血が流れる経絡が詰まって巡らなくなると、不調が現われます。不調は経絡でつながっている臓腑や体表面に現れ、ツボにも反応が出てくるのです。不調に関係する経絡上のツボを指圧すると、硬かったり、力が無かったりと変化が感じられるので、どこに不調の原因があるのか確認することができます。そのため、ツボは"反応点"であり、"治療点"であり、また、"診断点"でもあるのです。

ツボの刺激方法

ツボの刺激方法として、指圧、鍼、灸、吸玉と色々な方法があり、皆様に馴染みのある指圧や整体、マッサージは表面をほぐすことで血流をよくしていくことが期待できます。一方、鍼や灸はツボから経絡に働きかけることで表面よりも深い所を刺激。結果として内臓を元気にし、体質改善を期待することができます。
鍼も灸も、問題がある患部やツボに対して刺激を与えることで、気になる症状の改善や、人が本来持つ自然治癒力や免疫力を高め病気やケガの予防が可能です。鍼は非常に細いステンレス製で、ツボに刺して刺激を与えます。一方、灸はツボの上に置いたもぐさに火をつけ、その温熱によりツボを刺激。鍼の種類やもぐさの種類はさまざまで、症状や目的によって鍼灸師が使い分けます。初めての方や刺激が不安な方は遠慮なく鍼灸師にご相談ください。

鍼灸の歴史と中医学

鍼灸の歴史はたいへん古く、現存する最古の鍼灸医学書は1,900年以上前に書かれた「皇帝三部鍼灸甲乙経」です。古代中国に生まれた鍼灸は朝鮮半島を経て、飛鳥時代に日本へと伝えられました。そして、日本独自の工夫も加わり現在の日本鍼灸が生まれました。ところが近年、鍼灸治療も含めた伝統医学は世界的に普及し、研究と実践が進められています。その背景にはガンをはじめ成人病、さまざまなストレス疾患やアレルギーが増加の一途を辿り、それらに対して西洋医学の医療のみではなく、予防や体質改善といった治療方法への期待が高まっているためです。

鍼灸治療は今や世界医療のスタンダードへ
参照サイト:https://harikyu-jinendo.jp/sozai06.html

現代鍼灸の特徴

現代鍼灸は、解剖学や生理学、病理学といった現代医学に基づいた診断と治療により発展してきました。保険診療で行っている鍼灸院の多くは現代鍼灸を取り入れており、炎症や炎症による腫れ、神経痛など、患部に対して鍼を打つことで、体の代謝や免疫バランスを調整し、痛みを抑えるなど、筋や神経といった局所的なアプローチが得意です。鎮痛剤などの医薬品と比較して、依存性や副作用が少ない点がメリットとして幅広い分野で効果が期待されています。

中医学鍼灸の特徴

それに対して、中医学鍼灸では、中医学による理論が重視されます。痛いところや患部に鍼を刺すだけではなく、体質や症状といった「証」に合わせ治療方針を立てて、必要なツボに鍼を打ちます。また、問題が起きている患部や、内臓に深く関係する経絡から刺すツボを選定し方針をたてる経絡弁証によって、治療方針を立てます。
このように、中医学鍼灸の場合は、症状の改善はもちろんのこと、痛みや症状の原因を分析することで、症状の繰り返しを防いだり、体質改善したりすることができることが特徴で、これを「標本同治」と言います。標とは表面に現れている症状のことで、本とは病気の根本的な原因などの本質的なことを示します。「標本同治」とは、すなわち、対症療法ではなく、根本的な原因を対処して症状も体質もよくしていくことです。

世界でも認められている鍼灸

鍼灸を行っているのはアジアの地域だけではなく、世界のさまざまな国で鍼灸が病気の治療に取り入れられて成果を上げています。欧米でも国ごとに鍼灸学会があり、専門機関で技術を学ぶ体制がとられています。
WHO(世界保健機関)は鍼灸療法で効果があることが認められる49の疾患を発表しました。
鍼灸治療は伝統医療の枠を超え、世界標準として必要不可欠なグローバル医療としての地位を確立しつつあります。今後は正式な医療として役割が年々重要になってくるといえるでしょう。西洋医学と共に、漢方と鍼灸といった伝統医学が互いに高め合い補い合って、相乗効果を生み出す新しい医療の時代の始まりともいえます。

運動器系疾患 関節炎
リウマチ
頸肩腕症候群
五十肩
腱鞘炎
腰痛
外部の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
神経系疾患 神経痛
神経麻痺
痙攣
脳卒中後後遺症
自律神経失調症
頭痛
めまい
不眠
神経症
ノイローゼ
ヒステリー
呼吸器系疾患 気管支炎
喘息
風邪および予防
循環器系疾患 心臓神経症
動脈硬化症
高血圧低血圧症
動悸
息切れ
消化器系 胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)
胆のう炎
肝機能障害
肝炎
胃十二指腸潰瘍
痔疾
代謝内分泌系 バセドウ氏病
糖尿病
痛風
脚気
貧血
生殖・泌尿器系疾患 膀胱炎
尿道炎
性機能障害
尿閉
腎炎
前立腺肥大
陰萎
産婦人科系 更年期障害
乳腺炎
白帯下
生理痛
月経不順
冷え性
血の道
不妊
小児科疾患 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)
小児喘息
アレルギー性湿疹
耳下腺炎
夜尿症
虚弱体質の改善
眼科疾患 眼精疲労
仮性近視
結膜炎
疲れ目
かすみ目
ものもらい
耳鼻咽喉科疾患 中耳炎
耳鳴
難聴
メニエル氏病
鼻出血
鼻炎
蓄膿
咽喉頭炎
扁桃炎

誠心堂グループにおける鍼灸の特徴

1
中医学理論に基づいた鍼灸施術
2
体質に合わせたオーダーメイドでのツボの選定
3
国家資格を有し、一定水準の技術を満たした鍼灸師のみが施術
4
漢方薬局と連携し、漢方と鍼灸という中医学の両輪でトータルサポート
5
高度生殖医療の医療機関と連携し、中西結合医療への取り組み

鍼灸施術で多いお悩み

痛みや神経の症状はもちろんのこと、自律神経や内科疾患など鍼灸が対応できる病気は沢山あります。特に中医学鍼灸は具体的な症状がない未病や予防にも用いられますので、一般の方が思われているよりも広範囲をサポートできます。ここに、これまで20年以上鍼灸のご相談を受けてきた中で比較的多く受けるご相談をご紹介します。ご紹介するお悩み以外にも鍼灸で手助けできるお悩みは沢山ありますので、まずは一度ご相談ください。

このような症状をお持ちの方にお勧めです。

  • 肩関節周囲炎・肩こり
  • 不妊症(女性)
  • 腰痛症・腰下肢痛
  • たるみ
  • 健康増進
  • その他の美容
  • その他整形外科疾患
  • 肥満・ダイエット
  • 膝痛
  • 男性不妊
  • しみ
  • 難聴・耳鳴り
  • 自律神経失調症
  • しわ
  • 坐骨神経痛
  • 寝違え
  • 頭痛・偏頭痛
  • ヘルニア
  • 不眠症
  • 更年期障害
  • その他の婦人科
  • 月経不順
  • 子宮筋腫
  • 不安神経症
  • その他の精神疾患
  • むくみ
  • 胃部不快感
  • その他の眼科
  • 不安神経症
  • 腱鞘炎・バネ指