肥満

肥満

肥満とは?

肥満

肥満とは、一般的に正常よりも体重が重かったり、体脂肪が過剰に蓄積した状態をいいます。統計では、太っている人は標準体重の人に比べ、糖尿病、高血圧、動脈硬化、心臓病、痛風、肝臓病、胆石、骨や関節など様々な病気にかかりやすいとされています。

原因と治療

原発性肥満
食習慣や運動習慣といったライフスタイルとの関係が深く、肥満の約95%を占めます。

二次性肥満
遺伝性の病気や内分泌異常、ホルモン剤服用などによる副作用によって引き起こされます。

治療では、食事療法を中心としながら運動療法を一緒に行います。二次性肥満の場合は、原因となる病気の治療が必要です。

肥満

中医学で考える肥満

肥満

中国最古の医学書である“黄帝内経(こうていだいけい)”には、肥満について以下のような記載があります。

『肥人多痰、肥乃気虚也。虚則気不運行、故痰生也。』

“肥満者は痰が多く気虚(エネルギー不足)がある、気虚により気の巡りが滞り痰が生まれる”という意味です。

『肥人湿多。』

“肥満者には湿が多い”という意味です。

この“痰(たん)”と“湿(しつ)”という老廃物こそが、肥満の原因物質となります。

ここで重要なのが、“痰湿(たんしつ)”の生成と密接に関係しているのが、中医学では“脾(ひ)”と“腎(じん)”という内臓の働きです。脾は飲食物の消化、吸収、代謝および栄養物質の生成をするところで、脂っこく味の濃いものを過食したり、胃腸虚弱で代謝がうまくできないと老廃物である痰湿を生みます。腎は人体を構成する基本物質である生命エネルギーの“精(せい)”を貯蔵することで、成長、発育、老化、生殖、水分代謝を司ります。腎の働きが悪くなると水分の排出がうまくいかず、老廃物である痰湿を生み出します。また、ストレスが関係する場合は五臓のうちの“肝(かん)”に影響するため、ストレスなどにより働きが悪くなると、“瘀血(おけつ)”という血行不良の状態を生み出します。

 

中医学タイプ別治療法

① 胃熱(いねつ)タイプ
脂っこいものや味の濃いもの、糖分のとりすぎ、暴飲暴食、アルコールの摂取で起きやすい。
随伴症状:胸の灼熱感、口内炎、口の渇き、過食、口臭、便秘、多汗、のぼせなど。
胃に熱がこもることで空腹感を感じず、食欲が衰えず食べすぎる傾向にあります。

漢方

防風通聖散、大柴胡湯など

ツボ

内庭、曲池など

食材

緑茶、ゴーヤ、レタス、トマト、きゅうり、セロリ、豆腐、バナナなど

 

 

② 痰湿 (たんしつ)タイプ
身体にドロドロした老廃物が溜まっており、滞りが生じている。
随伴症状:体が重だるい、痰が多い、食欲不振、胸苦しく胃がつかえる、下痢など。
多くは飲食の不摂生により、胃腸の働きが衰えて水分代謝が滞っています。脂っこいものや味の濃いものをとり続けると太りやすくなります。

 

漢方

二陳湯、平胃散など

ツボ

陰陵泉、豊隆など

食材

緑豆などの豆類、冬瓜、とうもろこし、ハトムギ、もやしなど

 

 

③ 血瘀(けつお)タイプ
ストレスなどにより血行不良となる。
随伴症状:肩こり、頭痛、唇の色が悪い、シミやくすみが目立つ、冷えのぼせなど。
ストレスなどで自律神経を司る肝が失調すると、気血が巡らなくなります。また、運動不足によっても筋力が衰え、血行不良の原因となります。

 

漢方

桃核承気湯、桂枝茯苓丸加薏苡仁など

ツボ

血海、三陰交など

食材

紅花、シナモン、黒糖、生姜、ネギ、玉ねぎ、ナスなど

 

 

④ 気虚(ききょ)タイプ
身体のエネルギーとなる気が不足しているため、老廃物を代謝することができない。
随伴症状:食欲不振、お腹の張り、倦怠感、疲れやすい、むくみ、めまいなど。
過労や胃腸虚弱によりエネルギーが不足するため血を巡らせることができず、滞りが生まれやすくなります。また、冷えやすくなることで基礎代謝が低く、カロリーを消耗しにくい傾向があります。

 

漢方

防己黄耆湯、六君子湯など

ツボ

足三里、気海など

食材

豆腐や湯葉などの大豆製品、卵、いんげん豆、山芋、きのこ類など

 

 

鍼灸治療

鍼灸治療では、その体質に対処するツボを適切に選定しアプローチしていくことで症状の軽減、緩和を目的としていきます。ツボを刺激することで臓腑の働きを調整するとともに、血流や水分代謝の改善を促します。肥満の鍼灸治療では、耳つぼ治療もよく行われます。

肥満で使う代表的なツボ
足三里(あしさんり)、陰陵泉(いんりょうせん)、豊隆(ほうりゅう)、関元(かんげん)、太衝(たいしょう)、飢点(きてん)、渇点(かってん)など。

暮らしのアドバイス

・食事のバランスに気をつけ、過食を控えましょう
・清涼飲料水や菓子類は控えましょう
・1日15分以上の有酸素運動を行いましょう
・喫煙は控えましょう
・ストレスを上手に発散しましょう