高脂血症 (脂質異常症)

高脂血症 (脂質異常症)

高脂血症 (脂質異常症) とは?

高脂血症 (脂質異常症)

高脂血症 (脂質異常症) とは、血液中の脂質である中性脂肪(トリグリセライド)とLDL(悪玉)コレステロールが基準より高い、もしくはHDL(善玉)コレステロールが低い状態をいいます。脂質は糖質やタンパク質とともに必要不可欠な栄養素ですが、増えすぎると様々な病気を引き起こします。

原因と治療

食べすぎなどによる過剰な脂質の摂取や、運動不足などにより血液中の脂質が多くなると、余分な脂質が血管壁に取り込まれ、血管を傷つけることで動脈硬化が生じます。脂質異常症では自覚症状がほぼないため、大半は血液検査で発見されます。ほとんどの人の場合、高脂血症が進んでもそれだけでは何の症状も起こりません。放置すると心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などの循環器疾患に繋がるため、早期発見・早期治療を心がけることが大切です。症状が起き、高脂血症や動脈硬化が進んでいたと分かったときにはもう遅いというケースが大変多いのです。

 

脂質異常症では、食事療法や運動療法により生活習慣の改善をはかります。禁酒、禁煙、体重のコントロールを3本柱に、食生活、ライフスタイルの改善が何より重要となります。食事療法や運動療法を組み合わせても脂質異常症が改善しない場合、内服薬での治療が必要になってきます。その場合、HMG-CoA還元酵素阻害薬、スタチン系薬、陰イオン交換樹脂、小腸コレステロールトランスポーター阻害薬、フィブラート系薬、EPA製剤といった薬が用いられます。

高脂血症 (脂質異常症)

中医学で考える高脂血症 (脂質異常症)

高脂血症 (脂質異常症)

中医学では、血管壁にドロドロとした血脂がたまった結果、老廃物が滞る“痰湿(たんしつ)“と、血行不良の状態である“瘀血(おけつ)”が絡んでいるものと考えています。また、脂質異常症の発症には、肥満や加齢、ストレスなどが関係しており、“肝(かん)”、“脾(ひ)”、“腎(じん)”の臓腑も深く関係しています。

 


かん

自律神経を司り、血(けつ)を貯蔵したり気血を巡らせるところで、ストレスなどにより働きが悪くなると、血行不良の状態である瘀血の状態を生み出します。


飲食物の消化、吸収、代謝および栄養物質の生成をするところで、脂っこく味の濃いものを過食したり、胃腸虚弱で代謝がうまくできないと老廃物である痰湿を生みます。


じん

人体を構成する基本物質である生命エネルギーの“精(せい)”を貯蔵することで、成長、発育、老化、生殖、水分代謝を司ります。腎の働きが悪くなると水分の排出がうまくいかず、老廃物である痰湿を生み出します。

 


中医学タイプ別治療法

① 胃熱(いねつ)タイプ
脂っこいものや味の濃いもの、糖分のとりすぎ、暴飲暴食、アルコールの摂取で起きやすい。
随伴症状:胸の灼熱感、口内炎、口の渇き、過食、口臭、便秘、多汗、のぼせなど。
胃に熱がこもることで空腹感を感じず、食欲が衰えず食べすぎる傾向にあります。

 

漢方

防風通聖散、黄連解毒湯など

ツボ

内庭、曲池など

食材

緑茶、ゴーヤ、レタス、トマト、きゅうり、セロリ、豆腐、バナナなど

 

 

② 痰湿 (たんしつ)タイプ
身体にドロドロした老廃物が溜まっており、滞りが生じている。
随伴症状:体が重だるい、痰が多い、食欲不振、胸苦しく胃がつかえる、下痢など。
多くは飲食の不摂生により、胃腸の働きが衰えて水分代謝が滞っています。脂っこいものや味の濃いものをとり続けると太りやすくなります。

 

漢方

二陳湯、平胃散など

ツボ

陰陵泉、豊隆など

食材

緑豆などの豆類、冬瓜、とうもろこし、ハトムギ、もやしなど

 

 

③ 血瘀(けつお)タイプ
ストレスなどにより血行不良となる。
随伴症状:肩こり、頭痛、唇の色が悪い、シミやくすみが目立つ、冷えのぼせなど。
ストレスなどで自律神経を司る肝が失調すると、気血が巡らなくなります。また、運動不足によっても筋力が衰え、血行不良の原因となります。

 

漢方

桃核承気湯、桂枝茯苓丸など

ツボ

血海、三陰交など

食材

紅花、シナモン、黒糖、生姜、ネギ、玉ねぎ、ナスなど

 

 

④ 気虚(ききょ)タイプ
身体のエネルギーとなる気が不足しているため、老廃物を代謝することができない。
随伴症状:食欲不振、お腹の張り、倦怠感、疲れやすい、むくみ、めまいなど。
過労や胃腸虚弱によりエネルギーが不足するため血を巡らせることができず、滞りが生まれやすくなります。

 

漢方

補中益気湯、六君子湯など

ツボ

足三里、気海など

食材

豆腐や湯葉などの大豆製品、卵、いんげん豆、山芋、きのこ類など

 

 

鍼灸治療

鍼灸治療では、その体質に対処するツボを適切に選定しアプローチしていくことで症状の軽減、緩和を目的としていきます。ツボを刺激することで臓腑の働きを調整するとともに、血流や水分代謝の改善を促します。

脂質異常症(高脂血症)で使う代表的なツボ
足三里(あしさんり)、豊隆(ほうりゅう)、関元(かんげん)、太衝(たいしょう)など。

暮らしのアドバイス

・動物性の脂肪を減らし、魚に含まれる多価飽和脂肪酸を積極的にとりましょう
・清涼飲料水や菓子類は控えましょう
・1日15分以上の有酸素運動を行いましょう
・喫煙は控えましょう
・ ストレスを上手に発散しましょう