冷え症

冷え症

冷え性とは?

冷え症

冷えは万病のもとです。冷えは女性に多いとされていますが、近年では男性の冷えも注目されています。寒いわけではないのに手足が冷える、ベッドに入っても足が冷たいまま…といった症状は、ただの寒がりと違い、部分的に寒さを感じる“冷え性”と呼ばれています。冷え性は医学的に病気ではなくても、慢性的な血行障害が様々なトラブルにつながることがあります。貧血や生理痛、頭痛、疲労感、肩こり、腰痛、胃腸不調のほか、心臓病、レイノー病、卵巣機能障害、甲状腺機能低下症、膠原病などの病気が隠れていることがあるので注意が必要です。

原因と治療

運動不足
新陳代謝を低下させます。また、筋肉量が少ないと熱を作る力が落ちるため、身体を温めることができません。

自律神経の乱れ
ストレスにより自律神経が乱れ、末端の血行不良を生じ、体温調節機能がうまくできなくなります。生理周期によるホルモンの変動とそれにともなう自律神経の乱れを繰り返している女性は冷え性になりやすく、特にホルモン分泌が乱れる更年期には症状が強くなります。

ダイエットや食生活の乱れ
皮下脂肪の減らしすぎは新陳代謝を低下させます。冷たいもののとりすぎや、偏った栄養により血液の巡りを低下させます。

喫煙
タバコを吸うと、末端の血管が収縮させるため血行が悪くなります。

服装
ミニスカートや薄着などで身体を冷やしたり、タイトな下着を履いたり、高いかかとのヒールは筋緊張を持続させ、血行不良の一因となります。

冷房
冷房により身体を冷やします。

治療には、食生活の改善、適度な運動、入浴の推奨、禁煙、ストレスコントロールといった生活習慣の改善をはじめ、血行を促進するビタミンEや漢方薬が処方されることがあります。

中医学で考える冷え性

現代医学では冷え性に特効薬はありませんが、中医学では症状を判断し体質を改善することで前向きな対処が可能です。冷え性は血流が停滞するうっ血が原因になるだけでなく、根底に何らかの“虚(体力の低下や内臓の弱り)”が存在するため、根本的な体質を治すことが症状改善に必要であると考えています。冷え性の共通症状として、手足や足腰の冷え、肩こり、疲れやすさなどがありますが、個人の体質により強く現れる症状が違います。タイプを見極め、個人にあった対応が改善効果を高めます。

 

中医学タイプ別治療法

① 脾陽虚(ひようきょ)タイプ
胃腸が弱く、温める力が弱りやすい。お腹の冷えが強い特徴がある。
随伴症状:軟便、下痢、腹痛、疲労倦怠感、食欲不振、顔色が蒼白、むくみなど。
胃腸虚弱により身体を温めるエネルギーが不足するため、冷えやすくなります。

 

漢方

人参湯、黄耆建中湯など

ツボ

中脘、気海など ※お灸を多用

食材

豆腐や湯葉などの大豆製品、山芋、玉ねぎ、ニラ、鶏肉、くるみなど

 

 

② 腎陽虚(じんようきょ)タイプ
加齢や虚弱体質により生じ、温める力が弱りやすい。下半身の冷えが強い特徴がある。
随伴症状:手足の冷え、寒がり、足腰のだるさ、倦怠感、物忘れ、耳鳴り、白髪など。
加齢や過労などにより、身体を温めるエネルギーが不足するため、冷えやすくなります。

 

漢方

真武湯、八味地黄丸など

ツボ

関元、湧泉など ※命門(めいもん)にお灸を加える

食材

黒豆、くるみ、もち米、羊肉、エビ、栗など

 

 

③ 気血両虚 (きけつりょうきょ)タイプ
身体のエネルギーとなる気や体内に栄養を与える血(けつ)が不足して冷える。疲労で悪化しやすい特徴がある。
随伴症状:倦怠感、食欲不振、不眠、顔色が白い、めまい、眼精疲労、動悸、脱毛など。
過労や胃腸虚弱、栄養失調、出産などにより気や血が不足すると、血管内を巡る物質がなくなるため冷えやすくなります。

 

漢方

十全大補湯、人参養栄湯など

ツボ

足三里、三陰交など

食材

豆腐などの大豆製品、卵、いんげん豆、山芋、人参、ほうれん草など

 

 

④ 血瘀(けつお)タイプ 
身体を温める血(けつ)がスムーズに巡らないため冷える。手足や末端の冷えが強い特徴がある。
随伴症状:肩こり、頭痛、唇の色が悪い、シミやくすみが目立つ、冷えのぼせなど。
運動不足や内臓の冷えなど、血(けつ)の巡りが悪くなることで、冷えを引き起こします。

 

漢方

桂枝茯苓丸 、当帰四逆加呉茱萸生姜湯など

ツボ

血海、三陰交など

食材

紅花、シナモン、黒糖、生姜、ネギ、玉ねぎなど

 

 

鍼灸治療

鍼灸治療では、冷えの原因となる体質に基づいた施術に加え、お灸を多用します。鍼の頭にお灸をつける灸頭鍼(きゅうとうしん)をすることで、さらに鍼とお灸の相乗効果が期待できるのです。ほかにもお腹や腰にカゴに入れたお灸を置いたり、背骨の上に艾(もぐさ)に火をつけたお灸を置いて全身を温めたり、手足の末端が冷える方には手先や足先に小さくちぎった艾のお灸を行います。

暮らしのアドバイス

・温かい飲食や服装を心がけ、身体を冷やさないようにしましょう
・穀物や油脂を含め、肉や魚、豆類、乳製品、緑黄色野菜、淡色野菜などをバランスよく食べましょう
・ストレッチやマッサージ、適度な運動をして血行をよくしましょう
・入浴により血行をよくし、心も身体もリラックスさせましょう ストレスを上手に発散しましょう