自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経失調症とは?

自律神経失調症

自律神経とは、交感神経と副交感神経に分類され、意識とは関係なく自動的に働いて全身を調整しているものです。交感神経は日中活動時に、副交感神経はリラックスしている時に活発になり、互いに拮抗してバランスを保っています。この働きは、常に一定の状態に保たれており、生命維持に欠かせないものです。自律神経失調症は、過労やストレスなどで交感神経あるいは副交感神経が過剰に緊張し、そのバランスが崩れた状態をいいます。

原因と治療

様々な原因がありますが、ストレスや不規則な生活習慣、女性の場合はホルモンバランスの乱れ(甲状腺ホルモン・女性ホルモン)などにより生じることが多いようです。主な症状としては、動悸、息切れ、耳鳴り、疲労倦怠感、偏頭痛、ほてり、便秘、多汗、手足のしびれ、頻尿、冷えなどです。精神的な症状としては、イライラ、不安感、抑うつ、不眠、気分の落ち込み、無気力、感情の起伏が激しいといったことも見られます。治療には、緊張や不安を取り除く抗不安薬のほか、抗うつ剤、睡眠薬、ホルモン剤(女性の場合)などが使われたり、カウンセリングによる問題解決や認知行動療法を行うこともあります。

自律神経失調症

中医学で考える自律神経失調症

自律神経失調症

中医学では、七情(しちじょう)と呼ばれる“怒・喜・思・憂・悲・恐・驚”の感情が過度に動くと五臓を傷めると考えられています。イライラや激しい怒り、思い通りにならない不満などは、自律神経を司る“肝(かん)”の働きを乱れさせ、精神活動、気血の運行、消化活動の調節に影響を及ぼします。強いストレスで食欲に異常がでたり、便秘や下痢になったりするのはそのためです。

中医学タイプ別治療法

① 肝鬱化火(かんうつかか)タイプ
ストレスなどの精神刺激により熱が生じている。
随伴症状:イライラしやすい、情緒不安定、手足の冷え、頭痛、目の充血など。
強いストレスによって、自律神経が失調したタイプです。ストレスが過剰になると気の流れをコントロールできず、流れが詰まることで熱を持ちやすくなります。

 

漢方

柴胡加竜骨牡蛎湯、加味逍遙散など

ツボ

太衝、行間など

食材

ミント、ジャスミン、緑茶、春菊、セロリ、豆腐、トマトなど

 

 

② 痰熱内憂(たんねつないゆう)タイプ
余分な水分と熱が体内に停滞することで、精神不安になりやすい。
随伴症状:寝つきが悪く夢をよく見る、不安感、胃やみぞおちのつかえ、痰が多い、頭重など。
甘いものや、味の濃いもの、アルコールなどの暴飲暴食や消化機能が低下したタイプで、身体の中に余分な老廃物(痰湿)と熱がたまり、精神状態を悪くさせます。

 

漢方

温胆湯、竹茹温胆湯など

ツボ

豊隆、内庭など

食材

きゅうり、すいか、冬瓜、ハトムギ、緑豆、里芋、小豆など

 

 

③ 心脾両虚(しんぴりょうきょ)タイプ
疲労や貧血などで身体に必要な気や血(けつ)が不足している。
随伴症状:不眠、動悸、物忘れ、疲労感、めまい、食欲不振、冷えなど。
思い悩む性格や、元々胃腸が弱いタイプで、気や血が不足することで精神不安になります。

 

漢方

帰脾湯、人参養栄湯など

ツボ

足三里、三陰交など

食材

小麦、牛乳、牡蠣、卵、人参、ほうれん草、ライチ、ピーナッツなど

 

 

④ 心腎不交(しんじんふこう)タイプ
加齢や心労、過労により、身体の陰分(体液)が不足しており相対的に熱が強くなっている。
随伴症状:動悸、のぼせ、耳鳴り、物忘れ、足腰がだるい、手足のほてり、口内炎など。
身体の体液が不足したり、精神の興奮によって熱がこもるため、脳を鎮静することができない状態です。

 

漢方

天王補心丸、黄連阿膠湯など

ツボ

神門、腎兪など

食材

牛乳、牡蠣、豚肉、鴨肉、きゅうり、トマト、ハスの実など

 

 

鍼灸治療

ストレスにより気血の運行がうっ滞した状態であるため、鍼やお灸で交感神経と副交感神経のバランスを調整して改善していきます。また、過労や精神的ストレスを抱えている人の多くは、首や肩、背中にこりや痛みを抱えていることが多いため、筋肉の緊張をとり全身の血行状態をよくすることが必要です。

自律神経失調症で使う代表的なツボ

鬱々とした気持ちを解消する:太衝(たいしょう)、期門(きもん)、肝兪(かんゆ)、合谷(ごうこく)など。

精神をリラックスする:神門(しんもん)、大陵(だいりょう)、心兪(しんゆ)、内関(ないかん)など。

食欲をあげる:足三里(あしさんり)、中脘(ちゅうかん)、脾兪(ひゆ)など。

睡眠状態を良くする:百会(ひゃくえ)、安眠(あんみん)、肩や背中の硬結や圧痛のあるところ。

暮らしのアドバイス

・ストレスをためこまず、うまく発散しましょう
・0時までには寝て、しっかりと睡眠時間を確保しましょう
・適度な運動をしましょう
・3食しっかりとり、生活リズムを整えましょう
・コーヒーや紅茶など、カフェインのとりすぎに気をつけましょう