高い?低い?気になるAMH

卵巣に残された卵の数はどのくらい?

「AMH(卵巣年齢)とよばれるホルモン」

低いとダメなの?AMH

AMHは、女性の卵巣予備能がわかる指標です。
AMHは抗ミュラー管ホルモンと呼ばれ、卵巣の中にこれから排卵にむけて発育する卵胞がどのくらいあるのかを知るための指標となります。女性の卵巣の中には、生まれつきたくさんの原始卵胞があり、初経の頃より原始卵胞が活発化し、次の順に発育し、排卵します。

原始卵胞→一次卵胞→二次卵胞→前胞状卵胞→胞状卵胞→成熟卵胞(グラーフ卵胞)


AMHは卵巣内の前胞状卵胞から分泌されるホルモンで、その測定値と発育卵胞の数は相関します。従って、血中のAMH濃度を測定することによって、発育してきている卵胞の数を推測し、卵巣年齢が何歳くらいか推定することができるのです。
一方、卵胞の成熟を促す卵胞刺激ホルモン(FSH)も卵巣予備能の指標となるホルモンです。卵巣機能が低下すると上昇することが分かっていますが、FSHは月経周期によって大きく変動するため、FSHの値から卵巣年齢を正確に予測することは困難です。

AMHの測定は、最も早く正確に卵巣予備能を感知できる検査と考えられています。発育卵胞の数は25歳~30歳を目安に年齢とともに減少し、同時に血液中のAMH濃度も減少していきます。AMHの数値が高いと、卵巣の中に残っている卵胞の数が多く、低いと卵胞の量が少なくなってきていると解釈することができます。また、AMHの値があまりに高い人は、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の可能性もありますので、注意が必要です。

~AMH(アンチミュラー管ホルモン)からわかること~

  • 女性の卵巣予備能を知る指標になると考えられている。
  • 残存する卵胞の数を推測し、卵巣年齢が何歳くらいか推定することができる。
  • 最も早く正確に卵巣予備能の低下を感知できる検査と考えられる。
  • 質の良い卵には半年がまん。

    質の良い卵には半年がまん。

    AMHは、妊娠できるかどうかの卵子の質を表しているものではありませんので、AMHが低くても、卵子の質を上げることで、妊娠は可能です。実際AMHの値が少ない人でも、漢方薬を服用されて、妊娠、出産されています。
    ですが、AMH値が少ない場合は、残っている卵子の質を上げることがより大切になります。漢方薬は良質な卵子を育て、妊娠しやす身体作りをサポートしてくれます。また、漢方には「養生」という言葉がありますが、普段の日常生活の見直しや、ストレスのリリース、運動などの血流促進などを組合わせることで、より妊娠しやすい身体を作ります。原始卵胞から排卵するまでの約190日の間にしっかりと補腎をすることが妊娠の鍵となります。漢方薬や鍼灸をご利用の場合、服用期間1年以内で約70%の皆さんが妊娠できるのはそういう理由です。

    <卵巣年齢によるAMHの基準値>
    27歳以下 AMH値:4.69ng/ml(基準値範囲:0.76~14.18ng/ml)
    28歳 AMH値:4.27ng/ml(基準値範囲:0.84~12.44ng/ml)
    29歳 AMH値:4.14ng/ml(基準値範囲:0.86~11.97ng/ml)
    30歳 AMH値:4.02ng/ml(基準値範囲:0.79~12.74ng/ml)
    31歳 AMH値:3.85ng/ml(基準値範囲:0.44~13.08ng/ml)
    32歳 AMH値:3.54ng/ml(基準値範囲:0.62~13.87ng/ml)
    33歳 AMH値:3.32ng/ml(基準値範囲:0.40~12.76ng/ml)
    34歳 AMH値:3.14ng/ml(基準値範囲:0.38~11.16ng/ml)
    35歳 AMH値:2.62ng/ml(基準値範囲:0.79~12.74ng/ml)
    36歳 AMH値:2.50ng/ml(基準値範囲:0.44~13.08ng/ml)
    37歳 AMH値:2.27ng/ml(基準値範囲:0.24~8.50ng/ml)
    38歳 AMH値:1.90ng/ml(基準値範囲:0.11~7.81ng/ml)
    39歳 AMH値:1.80ng/ml(基準値範囲:0.13~7.45ng/ml)
    40歳 AMH値:1.47ng/ml(基準値範囲:0.08~6.13ng/ml)
    41歳 AMH値:1.30ng/ml(基準値範囲:0.06~5.52ng/ml)
    42歳 AMH値:1.00ng/ml(基準値範囲:0.05~5.81ng/ml)
    43歳 AMH値:0.72ng/ml(基準値範囲:0.03~4.49ng/ml)
    44歳 AMH値:0.66ng/ml(基準値範囲:0.03~3.98ng/ml)
    45歳 AMH値:0.41ng/ml(基準値範囲:0.03~3.43ng/ml)
    46歳~ AMH値:0.30ng/ml(基準値範囲:0.02~1.67ng/ml)
    治療法 気と血の流れをスムーズにし、調えていく『理気活血』、それにより、停滞していた血のかたまりを流し、痛みを鎮めていく『化瘀(かお)止痛』の治療をしていきます。
    代表的な漢方:血府逐瘀湯、冠元顆粒など

    参考文献:山本貴寛、他、日本生殖医学会雑誌61.487.2016.
    編集:JISART(日本生殖補助医療標準化機関)

    卵胞の成長と補腎薬のこと。

    卵胞の成長と補腎薬のこと。

    原始卵胞から前胞状卵胞までは4ヶ月以上かけてゆっくりと到達します。前胞状卵胞まではFSH(脳下垂体から出る卵胞刺激ホルモン)に関係なく発育していきます。前胞状卵胞から初期胞状卵胞までは約60日かかり、補腎薬は最低でも6ヶ月以上継続して初めて効果が現れます。つまり、トータルで6ヶ月かかって卵胞は成熟するその期間に補腎薬をしっかりとることで、質の良い卵を作ることができるのです。


    お客様インタビュー

    43歳 低AMH
    (漢方服用期間9か月)


    体質について

    体質は人により異なります。店舗では舌だけでなく脈や血流などを確認させていただくことができ、より詳しく体質が分かります。
    ご来店が難しい場合は電話相談やZOOMを使ったオンライン相談も可能です。
    予約制となっておりますのでまずは問い合わせください。ご都合に合わせて相談方法、店舗や日にち、お時間をご案内させていただきます。

    電話で予約する
    (店舗一覧ページに移動します)

     

    問い合わせフォームで予約する
    (ご予約ご相談フォームに移動します)