心身の状態が整い健康に

漢方や鍼灸を子宝で取り入れているうちに、「気が付いたら以前は気になっていた辛い症状がなくなった」と言う声を良く耳にします。なぜかというと、漢方や鍼灸は子宝目的であっても身体全体をみていくため、婦人科だけが良くなるわけではなく、身体全体にいい影響が出るためです。体質改善は、心と体のバランス整えること。もちろん妊活のための方法を第一優先で考えますが、それに伴い、疲れにくい体になったり、辛かった症状がなくなったり、心も安定したりと身体が変わっていくことも漢方や鍼灸の力です。

中医学の基本概念

「体質改善は妊娠への近道です。さらに様々な嬉しい変化も訪れます。」

「周りの人も言っているから治すことではないと思っていた」「こんな症状があるのは普通だと思っていた」と、不調が改善すると言われる方が多い自覚症状。中医学では病気の手前の「未病」の状態と考えます。「未病」は病気になる前のサインです。ちょっとした自覚症状が実は妊娠に影響している可能性もあります。「未病」を放置せずに、早め早めに対策していくことが病気の予防だけでなく、妊娠への近道です。妊活では自分の身体を見つめなおして、身体の小さなサインに気付きましょう。

中医学の基本概念

例えば、こんな不調ありますか?

  • 疲れやすいと感じる
  • 足腰が冷える・手足が冷える
  • 貧血がある
  • 便秘がち・軟便がち
  • めまいや立ちくらみがする
  • むくみやすい
  • シミやあざができやすい
  • 生理の前後に心や体が不安定になる
  • 風邪をひきやすい
  • 生理痛がある
  • 経血に血塊が混ざることがある
  • 眠れない・夢をみる・朝スッキリ起きられない
  • イライラ・うつうつすることがある

  • などなど

    漢方薬や鍼灸によるツボ押しは子宝のためであっても、思いもよらない様々な良い変化を身体にもたらします。その結果、体質が改善し、妊娠しやすい体の土台作りにも繋がります。漢方や鍼灸による体の変化は最初は分かりにくい方もいます。けれど、次第に経血の色が変わったり、そういえば最近不調が出ていないかもと、だんだんと変化が現れてきます。


    誠心堂でよかった③
    身体の調子がよくなる