お問合せ 10:00~18:00

0120(808)940

  1. ホーム
  2. 漢方と鍼灸の二つの柱で
漢方と鍼灸トップイメージ

漢方薬と鍼灸を組み合わせること。

漢方と鍼灸の両輪効果

中医学の治療には「漢方薬」と「鍼灸」の大きな二本の軸があります。中国の中医薬大学でも、この二つを大きな軸として、多くの難病を治療しています。この二つの治療の特徴は、簡単に言うと漢方薬は体力や栄養を回復させること(補法)に優れており、一方で鍼灸は身体の機能を活性化する、老廃物をデトックスする働き(瀉法)が優れていることです。
そして最も重要なことは、この「漢方薬」と「鍼灸」の両軸を同じ目的で用いることです。「いかにしてに両輪効果を生み出すか」が、中医学に従事する者の役割でもあるのです。

Piont! 中医学には「漢方薬」と「鍼灸」の両軸があり、両方を上手に活用することで両輪効果が得られる。

漢方と鍼灸イメージ

現代医療の中での漢方と鍼灸の位置づけ

残念ながら日本では資格制度の関係で、漢方薬は医師や薬剤師が、鍼灸は鍼灸師が主に担当しています。特に日本においての鍼灸治療は、主に腰痛や神経痛や疼痛疾患などに限って整形外科や神経内科などで施術されることが多いのが現状です。ですが、世界においては、癌などの難病をはじめ多くの疾患に鍼灸は利用応用され素晴らしい効果を発揮しています。また、スポーツ界でもトップアスリートたちは鍼灸治療を身体のメンテナンスに取り入れていたり、女性は美容目的で美容鍼を受けている方も増えています。
国内と海外では漢方薬も鍼灸も医療での位置づけや利用方法にひらきがあるのが現状となっています。

誠心堂の取り組み

誠心堂では婦人科や皮膚科・自律神経失調症をはじめ多くの疾患に漢方薬と鍼灸の両軸治療を使うことで、今まで現代医療で効果がなかった病気の克服をサポートしています。これは、鍼灸治療を行うことで、薬が目的の病変にまで届くことが出来る技術を開発したからでもあります。長年の研究の中から、誠心堂では漢方薬の吸収を高めて目的の臓腑に届きやすくする「三焦調整法」を開発しました。漢方薬と鍼灸を単に組み合させるだけではなく、各々の特徴を活用して素晴らしい効果を発揮できるためにも、今後この組み合わせ方を更に研究していく所存です。

鍼灸院爽快館