漢方薬 誠心堂
お問い合せフォーム
トップページへ戻る


生理痛

【生理痛はあって当たり前?】

日本では、よくテレビのコマーシャルで生理痛の鎮痛剤が広告されるほど、「生理痛はあるのが普通」のことだと思われていますが、本来は痛みはなく、せいぜいお腹や腰が少し重く感じるくらいのものです。
中国では、小さいころから「生理中は冷たいものの飲食を控えたり、血を補う食べ物をとること」と教育されていて、生理は女性にとって、
とても重要な事であるという認識が浸透していて、生理中は無理のないスケジュールにするために仕事を調整することも珍しくないそうです。そのため、中国人女性は生理痛にはほとんど縁がないのだそうです。 まずは、痛みがあることは異常な状態であるということを認識して、養生することが大切です。生理痛を放っておくと、子宮内膜症、子宮筋腫、不妊などにつながるおそれもあります。そうならない為にも、これから生理痛にならない体を作っていきたいものです。

【生理痛のメカニズム】

生理は、要らなくなった子宮内膜が血液と一緒に排出される状態です。この時、子宮は子宮口から経血を押し出そうと子宮の筋肉が収縮します。この収縮の時に起こるのが生理痛です。ストレス、疲労、睡眠不足、自律神経の乱れ、冷え、食生活の乱れなどで血流が悪くなると、生理痛は起きやすくなります。 最近の若い女性は子宮の発育が悪く、子宮口の細い人が増えているそうで、そのため、経血が排出しづらくなり、経血を排出しようと子宮が無理に収縮をすることで、痛みが強くなることが多いのです。 また、生理痛の傷みの物質が全身へ影響を与えるため、頭痛や吐き気が起こる場合もあります。

【中医学的にみた生理痛】
中医学的には、「滞ることは、すなわち痛む」と言われていて、生理痛は、「血」のめぐりが滞っている証拠(瘀血・オケツ)と考えられています。「血」のめぐりが滞ると、痛みがでたり、経血にレバーのような塊が混じったり、子宮筋腫や子宮内膜症を引き起こす可能性がでてきます。

瘀血になりやすい体質には、以下の3タイプがあります。

タイプ
痛みの特徴
対処法
養生・漢方
<瘀血>
痛みが強く、きりきり刺すような痛みがあり、出血量が多いです。経血が黒ずんでいて、レバーのような塊もあります。 身体を冷やさないように気をつけましょう。睡眠、食生活に気をつけて、適度な運動をしましょう。 身体を温めて血流を改善する玉ねぎ、ネギを温かいスープなどで頂きましょう。アイスや生野菜が多くならないよう気をつけましょう。
≪漢方では≫
桂枝茯苓丸、血府逐瘀丸、冠元顆粒など
<陽虚>
冷えによる
瘀血タイプ
冷えると生理痛が悪化し、温めると和らぎます。締め付けられるような痛みがあります。
冷えることで血流が悪くなります。
特に生理中は冷やさないことが大事です。冬や夏の冷房中では、腰回りを冷やさないような服装を心がけましょう。 温かいスープや紅茶に生姜、シナモンを加えて飲んだり、生姜とシナモン入りの足湯につかったり、おへそまですっぽり包む大きめの下着や腹巻を着けるとよいでしょう。
≪漢方では≫
温経湯、婦宝当帰膠、芎帰調血飲第一加減など。
<気滞>
ストレスによる
瘀血タイプ
痛みが強い月とそうでもない月があります。生理前からお腹や腰が張って痛み、緊張やストレス、環境の変化で自律神経が乱れると、血流が悪化し痛みが増します。生理がくると痛みは治まっていきます。
生理前は特にストレスの影響を受けやすい時期です。生理1週間前くらいからは特にリラックスして過ごせるように意識しましょう。マッサージやエステを生理前に受けるのもおすすめです。 気持ちを安定させる紫蘇、三つ葉、香菜、パセリ、春菊、セロリなどを接触的にとりましょう。ゆっくりと半身浴をするのもおすすめです。
≪漢方では≫
逍遥散、加味逍遥散、芎帰調血飲など。
<気血両虚>
「気」「血」が不足していることによる
瘀血タイプ
痛み自体はそれほどひどくはないが、生理が終わる頃から始まり、生理後も数日続く場合があります。
身体が重だるく、疲れると生理痛が悪化します。経血は色が薄くて水っぽいことが多いです。
生理中は特に、無理をせず、過密スケジュールにならないように気をつけましょう。疲れて夕食抜きで寝てしまうと益々悪化するため、レトルトのお粥や、うどんでもよいので、消化のよいものを摂るようにしましょう。 ナツメと生姜入りの温かいお茶をのむとよいでしょう。甘みをつけたいなら、疲労回復作用、痛みを軽減する黒糖がおすすめです。睡眠をしっかりとり、身体を休めましょう。
≪漢方では≫
婦宝当帰膠、当帰芍薬散など。

■ 2つ以上の体質を同時にもっている場合もありますので、症状を改善されたい方は、一度専門家にご相談されることをおすすめします。
漢方・鍼灸では、生理痛を抑えるだけではなく、生理痛を引き起こしている体質自体を改善することで、生理によらず、心身ともにいつも元気ではつらつとした状態を維持できるようになります。
日本人女性も、中国人女性のように、生理痛知らずの身体を手に入れてほしいと思います。



漢方薬をはじめるには?漢方成分配合商品漢方体験談今月のプレゼントキャンペーントップに戻る



漢方