漢方薬 誠心堂
お問い合せフォーム
トップページへ戻る

 

更年期障害(メノポーズ)
【更年期障害(メノポーズ)のメカニズム】
更年期といえば女性特有のものを思われがちですが、男性にも存在します。女性の場合は閉経期前後の42歳~55歳くらい、男性は少し遅めのようです。子どもから大人へと移行する時期が思春期といわれるように、更年期にもさまざまな変化が表れます。更年期に入ると、それまで行われていたホルモン分泌が変化し、体が非常にアンバランスな状態になります。ホルモンバランスが崩れた状態です。また、人の体は、年をとるほど臓器が弱ったり、血が汚れたりします。東洋医学的に言えば、“肝”の異常や“血”の汚れ、循環が悪くなることと関係しています。それらによって引き起こされたさまざまな不調が更年期障害です。

【主な自覚症状(日経ヘルスプルミエ創刊号より)】

 
 

【西洋医学の治療法について-ホルモン補充療法(HRT)】
更年期障害に対して症状(のぼせ、ほこり、発汗)が激しい時にはHRTの即効性がある場合があります。 急に女性ホルモン量が減少する卵巣摘出手術までにはエストロゲンが減ってしまった状態に慣れるまで数年間ホルモン補充をしてあげることで回復してQOLを高めることができます。 漢方は女性ホルモン量がさほど減ってはいけない人やHRTに抵抗がある人に向いた活療法です。
西洋医学的には、エストロゲン投与などのホルモン療法、精神安定剤・自律神経調整剤など、鎮静剤による処方が行われています。中国医学では、各体質を弁証し、その人に合った処方を施すことで、安全に、症状の改善ができるメリットがあります。
欧米ではホルモン治療が一般的となってきていますが、日本ではまだ普及していません。その理由はホルモン剤による人体への影響を心配する方が多いためと考えられていいます。最近、中国漢方薬の補腎薬が注目されてきたのにも、そうした背景があるようです。

 

中医学の対処方法―体質改善と症状改善の2方向から改善を図る漢方
漢方薬は、女性ホルモン量がまださほど減っていない人向きです。 また、ホルモン量が減っていても、「HRTには抵抗がある」という人の治療に使われます。 「漢方では体質を改善する薬と、症状を改善する薬を処方するのが一般的です」 前者の代表は、当帰芍薬散など。うつ傾向が強い場合には、加味逍遥散などがよく使われます。 また、更年期うつになる人も少なくありません。HRTや漢方薬だけで症状が改善しない場合は、 精神科や心療内科を受診し、向精神薬を処方してもらうのも有効です。

主な症状をあげてみましたが、一人一人体質や環境が違いますから、出る症状、強弱が違ってきます。必ず前兆があり、体はメッセージを送っています。予防は大切な治療の一部でもあり、本人が納得したうえで積極的に治療に取り組む方が断然効果的です。
「腎陽虚」の対策は陽を強める滋養強壮剤
体を温める助陽薬を長期間服用すると効果的
火=陽 のエネルギーが弱くなり、体が冷えてしまいがちな腎陽虚。 虚弱で疲れやだるさも感じやすく、元気が出ないのが特徴です。
「足腰の冷えや頻尿、冷えるとひどくなる腰痛やひざの痛みなどの症状が出やすい。 更年期の初期は月経周期が長くなりがちで、経血は少量ながらダラダラと続き、 水のようなオリモノや不正出血があることも。 漢方では、腰や脚の痛みに効く続断、陽を強める滋養強壮剤、兎絲子(としし)や杜仲(とちゅう)、淫羊霍(いんようかく)などの助陽薬 で腎の陽の力を強めて対応します」
腎陽虚に対する漢方薬は、動物・植物など14種類の生薬を配合した参馬補腎丸(じんばほじんがん)、動物や植物、鉱物37種類の生薬が配合された至宝三鞭丸(しほうさんべんがん)、などが代表的な処方。 また、紫河車(しかしゃ)(=プラセンタ)も腎虚で精力が衰えた人に用いる滋養強壮剤。 長期間服用すると穏やかに効果が表れます。
「附子(ぶし)、肉桂(にっけい)、細辛(さいしん)などには寒さを散らす(散寒)作用があります。即効性もあり、体が温まったという 実感は強いのですが、それはそのときだけの効果。あまり多様・連用するとかえって消耗してしまうこともあるので注意が必要です。 散寒効果がある薬草が入っている代表手な処方は八味地黄丸(はちみじおうがん)など。使用するときは薬局などで専門家に相談してからにしましょう」
「腎陰虚」の対策は六味丸が基本
細胞に水分を与えて体の熱を発散させる漢方を
水=陰、火=陽の二つに分かれる腎のエネルギーの陰が弱くなると、 体を潤す水の働きが弱まり、体がカッと熱くなりがち。 メノポに差し掛かると足や手、顔のほてり、夜間頻尿や頭部の発汗、目の充血、不眠症などの症状がでてきます。
更年期の初期、腎陰虚の人は月経の 周期が早くなり、経血の量は少なく、色は濃くなる。
このタイプの代表的な処方は腎の気を養う六味丸。六味丸には細胞に水分を与え、エネルギーを補う地黄(じおう)、体内の熱を発散させ、月経不順にも効果がある牡丹皮(ぼたんぴ)などが含まれます。
この六味丸を基礎に、個々の症状に合わせた薬をプラスしていく。例えば、激しい虚熱の症状を抑える知母(ちも)や黄拍(おうばく)を加えた処方、知拍地黄丸や、空咳が出る人には気道を潤す滋陰降火湯が効きます。
更年期の初期は自律神経や情動をつかさどる肝のエネルギーも不足しがち。腎陰虚を補いながら、肝の働きも補う菊花やクコの実が入った杞菊地黄丸は腎と肝の両方に効く。のぼせや頭汗、手足のほてりが強い場合は八仙丸もよく使われます。 また、水分代謝などを整える苓桂朮甘湯(れいけいじゅつかんとう)と血を補う四物湯を配合した連珠飲も効果的です。

 

【自分の体を知りましょう】
更年期と言われる50歳前後は、一般的にも体力も低下しているため、不調が出やすい時期でもあります。肉体的にも精神的にも負担が大きいため、不安定な状態となりやすいのです。しかし、更年期は誰もが通過する人生の節目です。神経質になりすぎず、常日頃の生活(食生活・ストレス)を改善し、自分の体に合った処方を行えば、悩みを大きくしすぎたり、終わっても引きずることはありません。本人にしかわからない苦しさ、つらさもあり、精神面でのフォローも大切になっています。ひとりで悩まずに、まずはご相談ください。

<専任漢方カウンセラー 張樹英(中医学アドバイザー)>

体験談

「漢方服用1~2か月で肩こりや不眠が解消」   43歳・I さん

42歳のとき、肩こりとめまいが始まり、不眠に悩むように。 テニスなどで体を動かしても、一睡もできませんでした。 更年期かと思い、婦人科を受診。HRTには抵抗があり、漢方薬での治療を受けました。
加味逍遥散などを飲み、約1か月で肩こりが改善、2ヶ月たったころからよく眠れるように。
女性ホルモンの量がさほど減っていなかったから、よく効いたのかもしれません。
 



漢方薬をはじめるには?漢方成分配合商品漢方体験談今月のプレゼントキャンペーントップに戻る



漢方