漢方薬 誠心堂
お問い合せフォーム
トップページへ戻る


冷え性
【冷え性とは?】

女性、特に思春期や更年期に多く、男性には比較的少ないのが特徴の冷え性。近年では男性の冷え性も注目されています。
「寒いわけではないのに、手足が冷える」「ベッドに入っても足が冷たいまま・・・」といった症状は、ただの寒がりと違い、部分的に寒さを感じる「冷え性」と呼ばれています。現代医学では冷え性は病気ではなく、特定の病気による冷えでない限りこれといって特効薬はありませんが、中医学では、症状を判断し体質を改善することで冷え性に関してのかなりの効果的な治療が可能となります。

主な症状
*足腰が冷え、手足が冷たい *体が冷えて寝付けない
*頭痛・肩こり・疲労・めまい *トイレが近い
*月経痛がひどい *風邪を引きやすい
*足は冷えるが顔はのぼせるといった「冷えのぼせ」

【中国学の考え方と対処方法】
末梢の血管の血行が悪くなることで起こり、特に手足は心臓から遠く、血液の循環が悪くなるため特に症状が出やすくなります。
さまざまな要因が絡み合い血行が悪くなるのですが、中医学的には、鬱血(血液の滞ったもの)によるものが多く、鬱血が生じると循環機能が低下、手足が冷えてしまいます。ホルモンの変動やそれに伴う自律神経のバランスの乱れが大きく関わり、その乱れはストレスや栄養不足、貧血なども関係しています。周期的にホルモンの変動を繰り返している女性は、冷え性になりやすく、特にホルモン分泌が乱れる更年期には、症状が強くなります。
冷え性は鬱血が単独で原因になるだけではなく、根底に何らかの虚証が存在します。その本体の病証を治すことが症状改善には必要と考えられます。

冷え性の共通症状として、手足・足腰の冷え、肩こり、疲れやすさなどがありますが、個人の体質により、強く現れる症状が違い、処方も違ってきます。タイプを見極め、個人にあった対応が改善効果を高めます。

冷え性のタイプと漢方薬
脾陽虚(胃腸が弱く冷え込むタイプ) 人参湯など
気血両虚(疲れやすく貧血気味タイプ) 婦宝当帰膠・十全大補湯など
脾腎陽虚(胃腸が弱く足腰のだるいタイプ) 真武湯・苓桂求甘湯など
腎陽虚(体力低下が原因タイプ) 至宝三鞭丸・参茸補血丸
海馬補腎丸など
鬱血(血の滞りタイプ) 冠元顆粒・血府遂疼丸など
特に気血両虚タイプと鬱血タイプは日本人に多く、主な症状として、血行不良、血色の悪さ、貧血、健忘、肌荒れ、皮膚の黒ずみ、月経痛、舌の鬱血斑(紫色になる)等が強く表れます。


冷えの裏に隠れた病気
冷え性は医学的に病気ではなくても、慢性的な血行障害が、さまざまなトラブルにつながり、貧血や糖尿病、腎炎、心臓病、卵巣機能障害、栄養失調、心不全などの病気が隠れていることもあります。手足が冷えるといったレベルを越え、痛みを伴うなど症状がひどい場合は、レイノー病、バージャー病、膠原病、血栓症など血行障害の病気が原因となっていることもあります。
原因によって冷える部分が異なり、その原因を付き止め、改善が必要となります。


冷えを招きやすい外的要因
*ダイエット: 皮下脂肪の減らしすぎは新陳代謝を低下させ、冷え性を起こしやすくします。栄養の偏りはホルモンのバランスを崩し、冷えを招きやすい体質になります。
*タバコ: タバコを吸うと末梢の血管が収縮し血行が悪くなります。
*きつい下着: スタイルを気にして、窮屈なガードルやボディースーツで体を締め付けると血行が悪くなり、冷えの原因に。特に腹部や下半身を強く締め付けるのは要注意。
*ミニスカート: 体の中で足と腰はとりわけ冷えやすい場所。この部分を直接冷やすことは厳禁。オフィスでは膝掛けを。
*強いストレス: 人間関係や仕事などで受ける強いストレスは、自律神経失調症の大きな原因。
*ハイヒール: 高いかかとの靴は、緊張を常に持続させてしまい、姿勢も不自然になり、血行不良の原因に。
*冷房: 夏の冷房病、冷たいものの取り過ぎ、ノースリーブやミニスカートなどの薄着。また野外と室内の温度差が大きいことがストレスに。

【ライフスタイルを見直そう】
冷え予防
日常の規則正しい生活、適度な運動により、自律神経の働きを正常化させ、血液の循環を良くすることが大切。

食事
穀物や油脂を含め、肉や魚、豆類、乳製品、緑黄色野菜、淡色野菜などをバランスよく食べること。また、体を温める効果のあるたんぱく質、血液循環をよくするビタミンE、貧血予防となる鉄分など、その成分の特徴を理解して取り入れることが大切です。
温熱性のたべもの
*穀物・豆類・・・大麦、なたまめ、黒豆など
*肉類・・・牛肉、羊肉、鶏肉など
*魚・海藻類・・・鯉、イカ、海老、ナマコ、ハモなど
*野菜・・・にんにく、ネギ、にら、セロリ、からし葉、菜の花、らっきょう、かぼちゃ、レンコンなど
*果物・・・みかん、桃、すもも、パイナップル、ざくろ、れいし、クルミ、栗など
*調味料・・・砂糖、米酢、胡椒、山椒、生姜、シソ、シナモン、唐辛子など
以前は野菜よりも根野菜の方が体を温めるといわれていましたが、最近では旬の野菜をバランスよくとるほうがよいとされています。新鮮な旬の野菜は栄養価が高く、熱量のパワーもあります。キュウリやキャベツなど水分の多い野菜は体を冷やすといわれていますが、煮たり炒めたりして熱を加えて食べれば、体を温めることになります。

入浴
お風呂は血管を広げ、血流をよくし、心も体もリラックスさせます。寝る前に、ぬるめの湯にゆっくりつかるのが効果的。温浴効果を高める入浴剤を利用するのもよい方法です。
おすすめ入浴法
*半身浴・・・胸から下だけお湯につかる「半身浴」。38度くらいのぬるま湯に20~30分ほどじっくりつかっていると、汗がどんどん出てきます。手はお湯に入れずに、寒い季節は肩の部分にタオルなどをはおり時々お湯をかける工夫を。
*温冷浴・・・ぬるいお湯と熱いお湯を交互に浴びる「温冷浴」。冷え性の人は入浴によって広がった血管がずっとそのままでいるため、入浴後しばらくすると体から熱が放出されてしまいます。温度差のあるお湯を交互に浴び、血管を活発に収縮させることが効果的。ぬるめのシャワーをたっぷり浴びたら42度くらいの熱いお湯に3分ほどつかり、これを3~4回繰り返します。低血圧の改善にも効果あり。
*足湯・・・風邪をひいてお風呂に入れないとき、足をお湯につけるだけでも効果があります。上半身は薄着、深めのバケツに42~43度くらいのお湯をたっぷり入れ、15~30分くらい足をつけておきます。エッセンシャルオイルでアロマテラピーを楽しむのもよいでしょう。温まっているうちにベッドに入りましょう。

運動とマッサージ
体を動かすことは、血液の循環をよくするだけでなく、自律神経の働きを正常にします。毎日適度な運動を心がけ、よく歩くことが肝心。寝る前の軽いストレッチ運動もおすすめ。マッサージや乾布摩擦など皮膚の表面から刺激を与えるのも効果的です。

保温対策
温かい服装はもちろんですが、ただ厚着や重ね着をするだけではあまり効果的とはいえません。素材やアイテムの選び方がポイントです。薄くても保温力のある機能的な下着を選び、上半身は薄着でも下半身は厚着が鉄則。寝るときも足元を重点的に温める頭寒足熱を心がけましょう。

体内からの改善と外からの保護により、あきらめていた冷えの症状は大幅に改善されます。一人で悩まず、早めの相談、対処が快適な生活の一歩です。

女性のための薬膳レシピ
当帰羊肉湯
(マトンの当帰スープ)
材料 マトン500グラム、当帰15グラム
調味料 塩、長ネギ、生姜、料理酒
作り方 ①マトンを洗って、鍋に入れる。同時に当帰と長ネギ、生姜、料理酒を加える。
②まず、強火で沸騰まで加熱し、沸騰した後、とろ火でマトンが柔らかくなるまで煮込む(60分ほど)。
③できあがったら、塩をかけて調味する。
主な材料の効用 ①マトン:甘湯で脾、腎経に入り、補益気血、温陽建碑の効用を持ち、気血不足、各種貧血、冷え性などに適用する。
②当帰:辛温で、血を充血させ、血の流れを促進し、気血不足、各種貧血、冷え性などに適用する。


医い人登場
母子ともに世代をこえて取り上げる喜び。うれしいですねぇ。
佐野産婦人科医院・院長  佐野慎一先生
 「自分が取り上げた赤ちゃんのお母さんも、実は自分が取り上げた子だったというエピソード。もう何十人にもなります。なんか孫を取り上げた気分ですよ」と微笑む院長の佐野先生。まさしく母と子が同じ医院、同じ先生によっての出産とはなんと素敵なことだろう。
今の浦安市川市民病院の産婦人科医長を経て、昭和51年に開業。当時地元には産婦人科医院がなく、熱く要望されていた。それ以来もう25年になる。平成5年に医院を改装。「とにかく妊婦さん、患者さんが快適に過ごせる空間を作りたかったんです。少しずつ考えてきた希望を集結した医院なんですよ」。なるほど、充実した駐車スペースに段差のないバリアフリー空間。子どもが遊べるプレイルームやマタニティビクス教室はいつも人気。専門調理師による自慢の献立はおしゃれな食堂で。すべてが明るさと心地よさにこだわり、妊婦さんも患者さんも和やかに談笑し、リラックスして過ごすことができる。改装前とベッド数はほとんど変わらないが、スペースを約3倍にし余裕を持った室内。陣痛・分娩・回復を同室で行うことができ、さらにご主人や家族が同じ部屋で見守ることのできる特別室を設置した。他の個室もお世話する家族が快適に過ごせる内容に。「最近の特徴として核家族の出産が多く、特に2人目の出産時には、上のお子さんが同じ病室で休むことができるという空間はとても喜ばれています」。また、助産婦外来という時間を設け、母親が退院後1週間目に必ず来院するシステムを導入した。これは自宅に戻り、すべて自分一人で切り盛りする状態になった母親の相談室で、パニックに陥っているお母さんの心と体調のケア、赤ちゃんの健やかな発育のフォローが目的だという。実はこれがとても大切らしい。マタニティブルーや初出産後のさまざまな悩みに行き詰まっている母親には心強いシステムだ。ご主人の立会いも陣痛時から、だとか。
「わが子が生まれるまでの過程をともに感じることはとても大切なことです。子どもへの愛情がより深まります。奥様への想いも・・・」。納得!である。
「本当は外科(小児科系)を志していたんですが、学生時代、同じクラブの先輩に、君は外科じゃない産婦人科向きだ!と三日三晩言われ、産婦人科医に(笑)。でもつくづく産婦人科医でよかったなぁと感じます。これほど、おめでとう!とたくさん言える科はないですよ。次の世代をつくる新しい命の誕生に立ち会える素晴らしい仕事です」
産婦人科医は、出産に限らず、手術や合併症、筋腫や更年期障害など全身の管理が必要とされる。超音波等の医療機器の開発により、早い時期でのさまざまな症状が把握できるが、同時に早産や流産、不妊症など最近増え続けている女性の体の変化に対応におわれているのも事実。「漢方薬の分野は10年来研修会などにも出席し、ずいぶん多く取り入れています。臨床に直接関わりますから、適用にも十分な知識が必要です。女性の、妊婦さんの体をさまざまんば方向からケアし、対応していくことが大切ですね」
4人の娘さんを持つ佐野先生。うち2人はご自分で取り上げたという。「長女と三女は産婦人科医の道を進んでおります。夢は一緒に仕事をすることかな」とテレ笑い。自ら、スカッシュに汗を流し、ゴルフ・読書・音楽を趣味にしながら、まだまだ現役で活躍中。

■佐野産婦人科医院  浦安市当代島1-3-22 TEL 047-352-5705
http://www.sanolc.com/index.html


漢方薬をはじめるには?漢方成分配合商品漢方体験談今月のプレゼントキャンペーントップに戻る



漢方