漢方薬 誠心堂
お問い合せフォーム
トップページへ戻る


子宮内膜症・子宮筋腫・生理痛

【子宮内膜症・子宮筋腫・生理痛のメカニズム】

「子宮内膜症」と「子宮筋腫」、「生理痛」は、女性ホルモンのアンバランスによって引き起こされる病気で、月経のメカニズムと深い関わりを持っています。
子宮の内側は“子宮内膜”という粘膜に似た組織で覆われています。子宮内膜は、いわば受精卵のためのベッドのような役目を果たすもので、受精卵が着床しやすいように増殖し、受精(妊娠)しなかった場合は子宮壁から剥がれ落ちて体外から排出されます。これが、月経の仕組みで、通常25~30日の周期で増殖、剥離を繰り返しています。
子宮内膜は、エストロゲンとプロゲステロンと呼ばれるホルモンの影響によって、増殖と抑制作用を受けて変化していますが、このホルモンのバランスが崩れると内膜が厚くなったりして、月経痛の原因などになります。

「子宮内膜症」は、子宮内膜あるいは内膜と類似した組織が何らかの原因で子宮壁(筋肉組織)の中に入り込んで増殖する「内性子宮内膜症(腺筋症)」と、卵巣や直腸など子宮の外側の場所に移植して増殖する「外性子宮内膜症」の二つのタイプがあります。
「外性子宮内膜症」の場合、多くみられるのが卵巣の子宮内膜症で、まれには肺や胸膜など子宮と離れた場所にできることがありますが、その原因はまだ解明されていません。
できた場所や進行状態によっても違いますが、主な症状はひどい月経痛です。他に月経過多、排便痛、性交痛などが上げられます。年代別にみると、30~40代の女性に多く見られ、一度治っても繰り返し、不妊症へとつながるケースも多いので注意が必要です。

「子宮筋腫」は良性の腫瘍で、40才代の女性では3人に1人が筋腫をもっているといわれています。筋腫の部位や大きさによって、不正出血、出血過多による貧血症状、生理痛、頻尿や便秘などの症状があらわれます。また、筋腫の位置によっては着床障害となり、不妊症や不育の原因になる場合もあります。最も多い自覚症状は、月経量の増加と貧血。無症状のまま進行するケースも見られます。

月経の際に、だるい、おなかが張るなど、いわゆる生理痛を感じる方は多いでしょう。しかしなかには、異常に強い疼痛や、辛くて立っていられないなど、日常生活に支障が出るような痛みを感じる方もいます。これが月経困難症です。子宮発育不全症、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮や卵管などの炎症、子宮後屈症、強度前屈症の人などに多くみられます。月経困難症は、これら原因となる症を取り除くことで改善を図ります。

参考資料③ 早発性ならびに晩発性月経困難症の特徴
早発性 晩発性
初発時期 初経から数年から27~28歳まで 35歳以後
疼痛と月経の関係 月経開始から数時間~3日まで 月経前4~5日から、月経中~数日後まで
疼痛の性質 spastic cyclic dull continuous
排卵 なし あり
原因 頸管狭小による子宮過収縮、情動不安による痛覚過敏など 子宮筋腫、子宮内膜症、骨盤内慢性炎症、充血


【中医学の考え方と対処方法】
中医学(中国漢方)では、子宮内膜症や子宮筋腫、生理痛は広く婦人科系の病気を含む病名として「しょうか(しこり)」と呼びます。これらはいずれも女性ホルモンのアンバランスや、血瘀(おけつ…血流の滞り)が原因の一つになっていると考えられています。子宮内膜症や筋腫、生理痛の原因は「血流障害」。漢方でいう血瘀(けつお)のあらわれです。まずはこの血瘀を除去することが大切です。


【あなたの血瘀度は何点ですか?】
「血管」
□唇が紫っぽい・・・・・5点
□腹や脚の静脈が浮き出ている・・・・・3点

「生理」
□月経の色が黒ずんでいたり、塊が混じる・・・・・5点
□生理痛・・・・・3点

「痔」
□タール状の黒便・・・・・3点
□痔がある・・・・・2点

「舌」
□裏側の静脈が暗紫色に腫れている・・・・・5点
□舌の色が暗赤色、または、紫色のシミがある・・・・・5点

「皮膚」
□顔色がどす黒い・・・・・5点
□歯ぐきが暗赤色・・・・・5点
□皮膚が硬化し、ざらついている・さめ肌・・・・・5点
□打撲によるうっ血がある・・・・・5点
□目にくまができる・・・・・3点
□シミ・ソバカスが多い・・・・・3点
□手のひらに紅斑がある・・・・・3点
□アザができやすい・・・・・2点

「痛み」
□胸に刺すような痛み、あるいは、しめつけるような痛みがある・・・・・5点
□関節痛がある・・・・・5点
□手足がしびれる・・・・・3点
□リューマチ・・・・・3点

「頭・肩」
□頭痛・・・・・3点
□肩や首すじが凝る・・・・・3点
□手足が冷える・・・・・2点
□物忘れしやすい・・・・・2点

「内臓」
□内臓にポリープや腫瘍がある・・・・・5点

あなたの血瘀度点

血瘀の程度
血瘀傾向 3~6点
血瘀 7~11点
血瘀が進んでいる 12点以上>

腫ができた部位や大きさによって、月経異常(過多月経、過長月経など)、不正出血、出血過剰による貧血症状(息切れ、めまい、顔色不良など)、月経困難、圧迫症状(頻尿、便秘)などの症状があらわれます。また、不妊症や流産の原因になる場合もあります。最も多い自覚症状は、月経量の増加とそれに伴う貧血。月経時の出血が多かったり、不正出血があれば疑ってみる必要があります。筋腫が大きくなると、直腸や膀胱を圧迫し便秘、尿が近くなるという症状もあらわれますが、たいていは本人が全く気づかない場合が多いものです。「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」や「温経湯(うんけいとう)」は、血液の流れをスムーズにする働きがあります。また、ホルモンバランスの乱れも原因の一つ。ホルモンバランスを調節している“腎”を整える「八味地黄丸(はちみじおうがん)」「瓊玉膏(けいぎょくこう)」などを処方します。
子宮内膜症も同じく、血瘀が原因といえます。さらに、子宮内膜症の相談者の九割は冷え性をあわせ持っていますので、血瘀とともに冷えを改善していきます。
月経前緊張症などに有効な「逍遥散(しょうようさん)」、月経痛に効果のある代表的漢方薬「折衝飲(せっしょういん)」、止血・鎮痛効果のある「田七人参(でんしちにんじん)」などを処方します。


●寒冷
(血は寒に会うと血瘀になる)
●ストレス
(気が滞ると血瘀になる)
●栄養失調、偏食
●環境汚染
●虚弱体質

(現象)血瘀 (本質)腎虚
 

子宮内膜症・子宮筋腫・生理痛
 ↓











寒凝

冷え症が生理と同時に起きる
下腹部の傷み

冠元顆粒
温経湯

気滞

生理前の乳房や下腹部の張り痛み
イライラ

逍遥散

気血両虚

顔色が悪い
息切れ
倦怠感

婦宝当帰膠

出血過多

出血が多く、長時間止まらない

田七人参




漢方薬をはじめるには?漢方成分配合商品漢方体験談今月のプレゼントキャンペーントップに戻る



漢方