漢方薬 誠心堂

お問合せ 10:00~18:00

0120(808)940

  1. ホーム
  2. ストレス

ストレスによる疾患

ストレスについて

ストレスが原因で起こる病気はたくさんありますが、ここではストレスが原因で起こる体の病気(心身症)についてご紹介します。 心理的な要因が身体疾患を起こしていたり、悪化させたり、回復を妨げたりしているものを「心身症」と言います。

心身症とは?

「ストレスが原因で胃潰瘍になった」「大切な試験の前になるとお腹の調子が悪くなる」などはよく耳にされることだと思います。 精神的な問題と身体的な問題は密接に関わっており、自分ではストレスを感じていなくても身体症状の原因が実はストレスであったということも珍しくはありません。 通常、私たちの身体では外界や体内環境の変化を脳の視床下部が察知し、「自律神経系」「内分泌系」をコントロールし、身体状態を一定に保っています。 しかし、ストレスが続くと視床下部が過剰反応を起こし「自律神経系」「内分泌系」のバランスが崩れ、特定の臓器や器官に症状となって現れます。 どんな人にも遺伝的にストレスに弱い臓器を持っていて、心臓が反応を起こしやすい人もいれば、消化器や皮膚の人もいます。 心疾患にかかりやすい性格もあります。精力的で攻撃的で欲求不満を感じやすい性格傾向の人は冠動脈疾患にかかりやすいとされています。

ストレスへの機能的反応

stress

神経伝達物質の反応

 自律神経系の失調

内分泌系の反応

 副腎皮質ホルモンの上昇・ストレスが長く続くことにより男性ホルモンの減少

免疫系の反応

 急性ストレス状況では免疫系が活性・慢性ストレス状況では免疫機能が低下

心理的な要因によって影響される身体疾患の主なもの

循環器系:高血圧、不整脈、狭心症 呼吸器系:気管支喘息、過換気症候群 消化器系:過敏性腸症候群、逆流性食道炎 内分泌系:摂食障害、糖尿病、甲状腺機能亢進症 神経系:不眠症、頭痛(緊張型頭痛、片頭痛) 皮膚科系:アトピー性皮膚炎、多汗症、蕁麻疹 耳鼻科系:メニエール症候群 眼科系:眼瞼下垂、眼精疲労 婦人科系:更年期障害、月経異常

西洋医学的な治療

薬物治療:身体症状に対する薬物の投与や抗不安薬や抗うつ薬の投与がなされます。 精神療法:認知療法や行動療法が用いられます。

中医学的に見る心身症のタイプ

中医学的に考えると、おおまかに3つのタイプに分けられます。

①内臓・組織などの機能が停滞したタイプ[気滞・肝陽上亢]

ストレスが加わると肝の気のめぐりが悪くなり、「気滞」という状態が起きます。「気滞」になると、イライラしたり、胸や脇腹のあたりが脹ったような感じがしたり、ガスやゲップが多くなったりします。気は内臓や組織などが機能する上での活動源となるものです。そのため、気のめぐりが悪くなると心臓や胃腸、肺などの機能をコントロールできなくなり、動悸、息切れ、食欲不振、下痢などの症状が現われることがあります。更に気滞が激しくなると滞っていたものが一気に爆発し、のぼせ、頭痛、眼の充血などが起こることがあります。この状態を「肝陽上亢」と呼びます。

②身体が虚弱したタイプ[気虚・血虚・陰虚]

ストレスが続くと身体は段々と虚弱になっていきます。 エネルギー不足の状態を「気虚」と呼びます。食欲不振、気力不足、疲れやすい、風邪を引きやすいなどの症状が現われます。血液が不足した状態を「血虚」と呼びます。顔色が悪い、めまい、抜け毛、手足の痺れ、月経不順などの症状が現われます。潤いが不足した状態を「陰虚」と呼びます。口が渇く、手足がほてる、寝汗をかくなどの症状が現われます。身体が虚弱するとストレスに対する抵抗力も弱ってしまいます。ストレスの影響を受けやすくなり、さらに身体が虚弱してしまうという悪循環に陥ってしまうこともあります。

③病理産物が蓄積したタイプ[瘀血・痰濁]

気のめぐりが悪くなると血液のめぐりも悪くなります。血液の流れが悪くなり停滞したものを「瘀血」と呼びます。瘀血ができると頭痛、肩こり、皮膚がガサガサになる、生理痛などの症状が現われます。身体の中の水分の代謝が悪くなると「痰濁」ができます。痰濁とは身体の中のいらない水分やネバネバした病理産物のことです。コレステロールや中性脂肪も痰濁に含まれます。痰濁ができるとむくみ、高血圧、動脈硬化、排尿困難などの症状が現われます。

生活上の工夫

現実の負担を軽くしてストレスを減らすことが大事になります。 自分なりのリラックス方法を見つけて実践してみましょう。 臓腑が弱い場合は情緒変化などのストレスの影響を受けやすくなるので、普段から内臓の調子を整えていくことが大切です。